岡重のごあんない 友禅という技法で、これからの染め業界の発展と、常に現代のライフスタイルに似合ったもの作りを目指しております。

岡重の歴史

一代目 岡島卯三郎
1855年代後半に設立。京都美術学校(現・京都市立芸術大学)で教鞭を取る。
二代目 岡島重助
呉服の裏地の染色加工を専門に営む。
三代目 岡島重助
正絹専門染色工業として発展させる。1983年、第一回京都府産業功労者賞を受賞。
四代目 岡島重雄
現在の社長。正絹手描き加工着尺を中心とした手描き友禅に発展。

1990年、友禅のように筆を使って絹に染色していく技法は、世界にも例がなく、それを着物の世界だけに止めておかず、この技術を他に活かす道がないかと考え絹製ファッションアクセサリーに着手。以降、ブランドの立ち上げや、文化催事「秘められた染め 羽裏の美」展 等を手がける。
アジアの伝統文化工芸の保存、伝承、東西アートデザインの交流発展を常に考えております。

二代目重助が開催した野点茶会。
二代目重助が開催した野点茶会。

円山公園で開かれた京友禅の展示会。
円山公園で開かれた京友禅の展示会。

戦前の工房。「蒸し」のテスト作業。
戦前の工房。「蒸し」のテスト作業。

友禅とは

京都が誇る世界にも稀な手描き・手染めの彩色法で描く繊細な柄…。
日本を代表する友禅染が世に生まれたのは江戸時代中期の初め、貞享・元禄の頃、
京都祇園町に住む扇絵師、宮崎友禅斎により完成したと伝えられています。
豪華な多色使いを駆使した画期的な染めは、当時行われていた大方の染物がすっかり顔色を失ってしまうほどの勢いで流行したといいます。
友禅染の特色は、技術的には、どのような文様・図柄でも好みのままに自由に表現が可能で、絹帛ならではの柔らかな風合いを損なうこと無しに染色が出来、また特有の表現方法として「ぼかす」という技術が駆使されているということです。それは見るものを引き入れる深さや動きを感じさせる日本美の典型と言えます。
この世界一美しい文様染であると言っても決して過言ではない京友禅は、華やか・繊細・うるおい・内容の深さなど、様々な賛辞を受けつつ、今日に生きています。

会社概要

1855年(安政2年)、創設者岡島卯三郎は染色加工を修めた後、京都美術学校(現・京都市立芸術大学)で教鞭を取るなど道を極めました。彼の長男で二代目の岡島重助は呉服の裏地の染色加工を専門に営み、その優れた技術力で高い評価を得、その時代、京都の友禅業界に名を轟かせました。その後戦争により事業は一時中断されましたが、戦後すぐに国の技術保存工場として発展し、三代目は第一回京都府産業功労者賞を受賞しております。
その長男現社長の岡島重雄は、友禅染を格段高い視点でとらえ、小紋や更紗柄のおしゃれ提案を中心に老舗として高級呉服をさらに発展させる一方、呉服のみならずファッションアクセサリーの製作など、様々な分野に取り組んでいます。

(株)岡重専属の図案開発スタッフと本社実験工房(アトリエ)の彩色開発スタッフが創作したデザインは、社内外の専属職人が京都・東京・インドネシア・ミラノで、全行程ハンドメイドで製作を試みるなど、さらなる研究が進んでおります。
さらに、京都では本社屋の町家造りを改修保存し、文化的ギャラリー遊空間Rojiを運営、インドネシアではチャンチン染(バティック更紗)の援助をするなど、岡島重雄は日本、アジアの伝統文化工芸の保存、伝承、東西のアート、デザインの交流、発展を常に考えております。友禅という技法で、これからの染め業界の発展と、常に現代のライフスタイルに似合ったもの作りを目指しております。

沿 革

1990年
絹製ハンドバッグ、スカーフなどのファッションアクセサリーに着手。
1993年
研究開発に2年余を経て、新ブランド「OKAJIMA オカジマ」を完成。
パーティーバッグのコレクションをニューヨークと京都で発表する。
1996年
明治時代から昭和初期にかけ当社が当時手がけた羽裏の資料を文化催事
「秘められた染め 羽裏の美展」として銀座ミキモトホールにて開催。
復刻版の羽裏をはじめ、新ブランド「MAJIKAO マジカオ」のデイリーバッグを完成発表する。
1998年
新ブランド、むかし渡り更紗「唐様三昧 からようざんまい」完成。東京・京都にて発表。
1999年
イタリアのハンドバッグメーカーLeu Locati社とのコラボレーションにて製作した、
フォーマルバッグ「ESSEPI エッセッピィ」と、「OKAJIMAカジュアルライン」を同時に発表。
2000年
竹などの和の素材を今様にアレンジした「COMON コモン」を発表。
2002年
インドネシアのバティックと京友禅のコラボレーション商品、新ブランド「IMAN イマン」を発表。
2004年
普遍的小紋柄をシンプルに表現したテキスタイルを使って作り上げた現代の生活雑貨、
新ブランド「fuki 布煕」を発表。
2005年
イタリアLeu Locati社とのコラボレーション商品、新ブランド「collezioni」発表。
2006年
6月アシェット婦人画報社より書籍、日本の粋と伊達「羽裏」岡重コレクション発行。
11月韓国ソウルギャレリオ百貨店にて個展開催。
2007年
1月パリ・メゾン・エ・オブジェに出展。ロンドン リバティ百貨店、香港レーンクロフォード百貨店から受注。
5月ニューヨークソーホーにて「きてや」shopオープン。
2008年
1月パリ・ノール国際見本市会場にてメゾン・エ・オブジェに出展。
2009年
1月パリ・ノール国際見本市会場にてメゾン・エ・オブジェに出展。
同時期、パリの三越エトワールにて、JAPANブランドエキシビジョンに出展。
2010年
パリの三越エトワールにて、JAPANブランドエキシビジョンに出展。
7月モナコで開催の「LUXURIA」にて、DOGNINとのコラボレーションのバッグの発表。
2011年
11月伊勢丹新宿店本店本館1階ステージにて、伊藤若冲と葛飾北斎にフォーカス。「ふふふ、ふろしき祭」出展。
2012年
7月烏丸蛸薬師に新店舗ショールーム開設。
2012年
8月ハースト婦人画報社より書籍、岡重コレクション「京都テキスタイル」友禅の新しい可能性発行。
2013年
1月伊勢丹新宿店本店本館1階ステージにて、伊勢丹が保有する伊勢型紙と、
日本のデザイナー・クリエーターの感性を掛け合わせ全館新春祭「ふふふ、ふろしき祭」出展。
pagetopへ戻る